価値の創造~魅力価値を高め顧客満足度の頂点を目指せ

 

最近のビジネスのキーワード「顧客価値」

そう価値のない商品やサービスは何をやっても売れないのである。

顧客について知ること。価値について知ることが大切だまずは価値についてしっかりと知ってみることにする。

 

価値の種類には9種類ある

 

  1. 機能的価値
  2. 情緒的価値
  3. 自己実現的価値
  4. 社会的(権威的)価値
  5. 文化的(歴史的)価値
  6. 倫理的価値
  7. 美的価値
  8. 道徳的価値
  9. 芸術的価値

 

全ての価値を満たしていればいいとは限らない。顧客の価値を見つけていこう。

 

機能的価値とは、できないことをできるようにする度合い。

掃除機、電子レンジ、冷蔵庫、エヤコンなどの家電商品やパソコンなどには機能的価値がある。また痩せた、腰痛が治った、目がよくなったといったサービスや商品にも機能的価値がある。

 

情緒的価値とは、好きである度合い、楽しい度合い、共感する度合い、感動する度合い、大切に思っている度合いのことである。

 

自己実験的価値とは、自己実現に貢献する度合い、なりたい自分になれるか?

いわゆるブランドである。

  • ルイ・ヴィトンのバッグを持っている自分
  • ベンツやフェラーリに乗っている自分
  • ロレックスやオメガを身につけている自分
  • 芦屋や世田谷に住んでいる自分
  • リッツカールトンホテルに泊まっている自分

 

など自己実現価値を満たしていくことでブランドになる。

 

社会的(権威的)価値とは、社会に認識されている権威の度合い。医者、弁護士、プロデューサーというだけで凄い人と感じる価値感。

 

文化的(歴史的)価値とは、文化や生活を支える度合い。お正月、お盆、お祭り、お城、神社など金銭ではあらわせない価値感でアイデンティティーにも通じるものである。日本人としての価値。日本人が日本人である意味を支えてする文化である。

 

倫理的価値とは、倫理的に正しい度合い。倫理的に真であること正しいことへの価値である。

 

美的価値とは、美しいと思う度合い。花、ダイアモンド、満月、流れ星、花火など美しいと思えるものの価値。但し美しさは感性とは別である。

 

道徳的価値とは、善であると思う度合い。ビジネス的価値のこと。

美なる活動とは人助けであり、人助けはビジネスのことである。道徳的価値を高めていくには対価をうけとらなければいけないし、それが美なる活動わ続けるための前提でもある。

 

芸術的価値とは、芸術的にある度合い。創造的かつ独創的が本質的であること。奇をてらったもとは単なる思い付き、創造的で独創性があるかもとれないが、本質的ではない。

コペルニクス地動説。ピカソのキュピズム。ダーウィンの進化論など

 

 

価値創造の実践

 

顧客にとっての価値創造の実践には4つをバランスよくしていく必要がある

 

ターゲッティング

ターゲット象を明確ににしてペルソナを作る

 

ニーズをリサーチ

欲しいものを見つけた時に初めてそれが欲しいと気づく

相手に話したいことを話すこと

 

ニーズに合った商品やサービスを作る

 

広くて深い興味が必要不可欠

 

コピーライティング

物事の価値を正しく伝えるためのコミュニケーションスキルです。

価値を認識してもらえないのは価値がないのと同じです。

 

 

ビジネスにおける価値創造

 

ビジネスではマーケティングとイノベーションが不可欠です。

マーケティングは価値を広め

今ベーションは価値を創造します。

 

価値面から考えるとマーケティングとは、価値あるものを広める活動

認知が広がったり、今までよりも高い価値を感じてもらう活動です。

 

そしてイノベーションとは、価値あるものを創造する活動。元々のものには、価値を感じなくても、それを具体化し実践的にしたりすることで価値を感じることができます。 技術改革だけではイノベーションにはなりません。

 

人生の価値

 

人生の価値とはなんでしょうか?

それは自分人身です。自分=価値なのです。ただ価値をひろめたり、創造したりしないと他の人からみた価値は上がっていきません。

 

自分の価値をちゃん理解して磨いていくことが人生を楽しく幸せに過ごしていく近道なのでないでしょうか?

 

今の社会問題の少子高齢化の中での価値を創造してひろめていくことがこれからもビジネスチャンスになっていくことは間違いないでしょう。

silver and gold coins

Photo by Pixabay on Pexels.com

 

価値の創造についてのお問い合わせは下記よりお願いします。



Comments are Closed